AGA治療の基本は、フィナステリドやデュタステリドを服用すること

AGA治療の基本は、AGA治療薬(フィナステリド製剤やデュタステリド製剤)です。AGA(男性型脱毛症)は、5αリダクターゼという酵素が男性ホルモンと結びつくことによって、体内でDHT(ジヒドロテストステロン)が生み出されることによって起こります。DHTという物質が、抜け毛を促進させるからです。そのDHTが産生される状況を避けるために、5αリダクターゼを抑制するAGA治療薬の服用を続けます。フィナステリド製剤は、プロペシアという商品名でよく知られておりますね(ジェネリックも存在しますが)。デュタステリド製剤(商品名は、アボルブやザガーロ)は、そのフィナステリド製剤よりもさらに高い効果が望めると言われており、2015年の終わり頃に厚生労働省から認可がおりました。これは値段がほんの少しだけ高くなるものの(これもジェネリックが存在しております)、私も2016年あたりから継続的に服用しております。フィナステリド製剤を服用していた時は、正直「現状維持」程度の効果しか感じておりませんでした。本当によく効く人には「初期脱毛」といって、休止期に入っている髪が続々と抜け落ちるため脱毛が多くなる、という症状が起こるそうですが、私はそれほどでもありませんでしたので。ですから、その後に太い髪が次々生えてくる、ということもありませんでした。しかし、デュタステリド製剤を服用してる現在は、それとは少し違う気配がします。抜け毛は目立つほどでもありませんでしたが、シャンプー時の頭髪の手応えが違うという気がしているからです。分け目の“透け”の範囲も、狭まってきていることが目視できます。私は、フィナステリド製剤〜デュタステリド製剤と服用してきましたが、まだ2年は経過はしておりません。これからは育毛剤も併用していきたいと考えておりますので、希望を持ってAGA治療を続けていきたいです。